映画音楽を作る人って尊敬します!

映画音楽を作る人って尊敬します!

私は映画音楽が大好きです。
特に、フォーンセクションやストリングスを沢山使った派手なやつ。
吹奏楽出身だからかもしれませんが、オーケストラを使った映画音楽が大好きです。
歌入りもよいですが、やっぱり映画は歌がない方がいいなぁ。
映画音楽のホルンの音が大好きで仕方がありません。
マニアックかしら?

映画音楽を作る人って尊敬します。
CMを作ってる人と同じくらい尊敬しています。
だって、音楽を聞いただけで、あのシーンだって思い出すわけじゃないですか。
ストーリーは時間と共に薄れちゃうかもしれませんが、音楽を聞くとそのシーンを思い出すなんて。
映画音楽ってすごくありませんか?

最近、私はジュラシックワールドを見ました。
で、すっかりジュラシックワールドやジュラシックパークにハマってしまって。
もちろん、iTunesでジュラシックワールドのサントラを購入。
仕事中に聞いています。
仕事中は、歌詞があると集中しきる前は、邪魔だったりするので。
歌無が一番。
テンションも集中力もあがる、映画音楽のサントラが一番です。

最近、会社の隣で工事をやっています。
キューンだのゴーだのうるさいです。
うるさいなーと思いながら、いつものようにジュラシックワールドのサントラを聞きながら仕事。
そしたら、いつの間にか工事の音は気にならなくなっていました。
むしろ、キューンだのゴーだの音が、恐竜の声みたいに音楽に馴染んでて。
良い効果音。
工事がうるさい日のBGMは、ジュラシックワールドに限りますね。カードで空港ラウンジを利用する場合。

O脚のおそれあり

足だけは自慢でした。

娘が「形はほんといいわ、あと長さが10cm欲しいわね」と。

ほっといてください、短足は親の責任です。

で、太くもなく細くもなく、膝から上が隙間なく、下はふくらはぎが附いててて足首が空いて、いい足です。だからホットパンツ、似合います。

て、これしか自慢するものがないので。ところが、この頃、膝上が隙間が空くようになりました。ふくらはぎもくっつかなくなってきました。いわゆるX脚状態ですね。

どうしたことでしょう。ある日突然、そうなってました。かかとから足首までも、なんだかだらしなく見えます。

そういえば、歩くとき、これまでのサンダルが、なんだかぎこちないのです。なにか、踵の外側に体の重さがガンとかかるような感じ。これまでに無いことです。

でも、靴底の減り具合は内側が大きいし。なんなのでしょうか。歩き方が悪いのでしょうか。

ひとつは、筋肉の衰えでしょうね。そういう感じの足の痩せかたです。筋肉の衰えってこわいわ。

口角が下がるのも筋肉でしょう。目じりもそうかしら。と思うと、体中の筋肉が落ちてきているような気がしてきました。どうしよう。

とりあえず、このままだとO脚になります。あれはホットパンツが履けませんから、こまります。でもどうすりゃいいのさ、思案橋。スクワットでしょうか。ま、涼しくなったら始めましょう。